オフィスでのパーテーションについて

デスク用のメリット・デメリット

デスク用とフロア用があるデスク用のメリット・デメリットパーテーションの4つの高さと使い方オフィスの天井まであるパーテーションの解体移設は素人では無理

これだけのパーテーションでも、仕事の集中力を高める働きがあります。
他の人の視線が気になったりすることが少なくなるためで、無駄話も減るかもしれません。
ただ、個人個人がいま何の作業をしているかが少し離れたところからだと分かりにくくなるという欠点はあります。
こっそりと隠れてスマホをいじっていたりしても分からないかもしれません。
そういうことを起こさないようにする必要はあるでしょう。
一方で、広いフロアの一部を仕切って会議のためのスペースとしたり、休憩のためのスペースとするような場合には数多くのバリエーションが考えられます。
ここでも重要なポイントになるのはその高さでしょう。
仕切りとは言っても高さを天井まで設けて完全な部屋のようにしてしまうこともありますが、常にそうしなければならないと決まったものでもありません。
むしろオフィスでのパーテーションといった場合には、高さは天井までは設けないことのほうが多いのではないでしょうか。